治療のこだわり

予防歯科

どんな病気や異常でも、最も良いのは発生する前に防ぐことが大切です。虫歯も歯周病も細菌(さまざまな微生物のかたまり)が感染して起こる病気です。
歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他さまざまな因子がかかわっているといわれています。喫煙、歯並びによってブラッシングが十分でない、食生活、ストレスなどが挙げられます。しかし虫歯も歯周病も現在では予防できる病気になってきています。

虫歯や歯周病を予防するには、毎日しっかり歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにすることです。しかし、「磨いている」と「磨けている」とは違います。家庭で自己流で磨いていても、すみずみまで磨くことは難しいのです。当院で正しい歯の磨き方の指導を受けたり、PMTCを受けることをおすすめします。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏など)は、歯の周りの歯肉や歯を支えてくれる骨が悪くなる病気です。口臭が気になる、歯ぐきが腫れる、血が出る、ちょっと疲れると歯ぐきが張れてくるといった症状の原因は歯周病です。

詳しくは、こちらのページもご覧ください。

PMTCでしかできないプロの歯磨き

PMTC

  • Professional (プロフェッショナル)
  • Mechanical (メカニカル)
  • Tooth (トゥース)
  • Cleaning (クリーニング)

専用の機械を使った歯磨きなので、普通の歯磨きでは汚れの取りにくい細菌のバリアー除去と、歯と歯の間や歯と歯肉の境目をケアします。歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができ歯肉炎・歯周病の予防することができます。

小児予防

フッ素


フッ素には歯の表面のエナメル質を強くする・ムシ歯を作る細菌の力を抑える・初期ムシ歯の自然修復(再石灰化)を助けるといった作用があります。フッ素が歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。フッ素を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対してより強くなります。ですから、フッ素を適切に使うと、歯の表面が強くなり、むし歯になるのを防ぎます。当院では受付にて「フッ素入りは磨き粉」や「フッ素入りジェル」を販売しております。

シーラント


奥歯のかみ合わせの部分にある溝は汚れがたまりやすく、そこから虫歯が発生します。その溝の部分にプラスチックを流し込み埋めてしまうのがシーンラントです。シーラントにはフッ素も含まれています。

審美歯科

ラミネートベニヤ


歯の表面を1ミリほど削って陶器のシェルを貼り付けます。歯を削る量が少ないため、歯への負担が少なくてすみます。歯も白くなり、歯並びも良くなります。

オールセラミックスクラウン


ホワイトニングやラミネートベニアでも白い歯にならない歯や、ムシ歯などに侵された歯の外側を削り、そこに人工材料で作った冠(クラウン)をかぶせる方法です。 歯の色や形、歯並びなどを改善することができます。

ホワイトニング


安全な薬品を用いてラミネートベニアやオールセラミッククラウンのように歯を削ることなく、 透明感のある歯を得られます。

インプラント

インプラント
歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。自分の歯のような噛みごこちで、固いものでも存分に味わえ、見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

メリット


  1. 自分の歯と変わらない感覚で噛む事ができ、異物感がありません。
  2. 健康な歯を削ったりするような処置が必要ありません。
  3. 見た目を自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

当院では「ノーベル」「ASTRA」を使用しています。

※インプラント埋入手術は基幹病院をご紹介させていただきます。

唇顎口蓋裂


生まれてくるまでに口唇の部分の披裂がなくならなかった状態(口唇がくっつかなかった状態)をいいます。人の顔は、お母さんのおなかの中でいろいろな突起(顔面突起)が組合わされてつくられていきます。ですから、その途中ではすべての人がいろいろな披裂をもっているわけです。つまり、どんな人でもすべて胎児のときは口唇裂の状態だったといえますし、どんな人の子供も口唇裂になる可能性があります。

詳しくは、こちらのページもご覧ください。

矯正歯科


歯並びが悪いまま放っておくと、将来的に肩こりや偏頭痛、顎関節症の原因になることがあります。若い頃はよくても、歳を重ねるごとに体の不調が顕著に現れてきます。それらを改善するのが矯正治療です。治療は長期間に渡る可能性もありますし、「痛い」「お金が掛かる」と思われがちです。しかし、患者さまの将来的な健康を考えると、長い人生の一時期をご自分の健康に費やしてみる価値は十分にあると思います。もし歯並びでお悩みでしたら、いつでも気兼ねなく相談してください。

詳しくは、こちらのページもご覧ください。

お電話